ノコギリヤシは19世紀の初頭から前立腺肥大や慢性膀胱炎尿路感染予防に効果があるとされ広く親しまれてきました。これはノコギリヤシの果肉に含まれている遊離脂肪酸やステロールなどの成分が働くためと考えられています。ノコギリヤシは北アメリカ南部からメキシコにかけて広く分布している低木のやしの一種です。昔から北米先住民の間ではこのヤシの実を男性の滋養強壮や利尿に有効と考え好んで使用され重宝されてきています。

 

1960年代にはノコギリヤシの成分の研究が進み果肉に含まれるエキスに前立腺肥大の原因になるジヒトロテストステロンの合成を抑える働きがあることが分かり前立腺肥大による排尿障害に効果があるとされヨーロッパでは医薬品として使用されるようになりました。ノコギリヤシの成分の有効性として挙げられるのは良性前立腺肥大の緩和や利尿作用、抗炎症作用などです。この様な健康に気をつけたいと考えている方にはとてもお勧めです。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>